当事務所の理念

基本姿勢 弁護士としての生き方

私たちの使命

真面目で一生懸命な人や企業を不幸や困難な状況から救い出し、正義を実現することが使命です。私たちは、世の中を生き抜くための強力な力になり、社会を良くしたいと思います。

法の力で正義を実現する

法は正義を実現する武器です。ところが実際は法が不合理で正義に反している場合があります。法律にどう書いてあるか、判例がどうなっているのかではなく、憲法や正義の理念から、本来どうあるべきかを考え、法律に新たな光を当て、人々や企業を困難な窮地から救い出す方法を考え、正義を実現しなければならないと思います。

自由な発想を大切に

とらわれることのない自由な発想を大切にします。「常識」を疑い、「多数意見」に流されません。「常識」や「多数意見」が少数の人々や企業の権利や正当な利益を損なっていることがあります。当たり前の「常識」を鵜呑みにせず、「多数意見」に安易に同調せず、新しい視点から、被害者や少数の人や企業を守ります。他人事ではなく、誰もが(どんな企業であっても)、ある日突然、少数者、あるいは被害者となって、攻撃されることがあるのを見てきました。

激動の時代を生き抜く力に

激動の時代です。激動の中で、社会が変わり、法律・社会のルールが変わり、人も変わります。この時代を率先して強力に牽引していく人がいて、それに一生懸命ついて行こうとする人がいて、ついて行けないで苦しむ人がいます。それぞれどのように生き抜くべきなのか、適切な法的なアドバイスが必要です。常に時代の動きをウォッチし、世の中がどのように動き、動こうとしているのかを探り、その中で人や企業はどのように生き抜くべきなのかを考えます。新しい世の中の動きが正しいとは言えず、時代の尻馬に乗ることなく、じっくり冷静な目で何が正しいのかを見極めたいと思います。
弁護士は、依頼者を勇気づけることが大切です。人または企業は一生に一度と言ってもよい窮地に追い込まれることがあります。最も困難な時にあるからこそ、弁護士として一生懸命闘い、勇気づけ、一緒になって悩み、ともに歩みたいと思います。

少数者の権利を守る

誰でも少数者になり得ます。ある日、思いがけず、突然自分が社会の少数者になっていることに気づくことがあります。もともと社会の少数者だった人もいます。弁護士には少数者の権利を擁護する職責があります。

何でもできる弁護士を目指す
(専門分野に特化しない)

弁護士の専門分化が当たり前のように言われる今日この頃、あえて私たちは何でもできる弁護士を目指します。
依頼者を守ることが使命であって、専門分野に通暁することが使命ではありません。目の前の人々と企業を、日々起きる紛争や困難から救い出すことが私たちの使命です。幅広く全体を知らず得意な特別な分野に明るいだけでは救い出すことができません。専門的視点だけでなく全体を見渡す広い視点が必要です。社会が複雑化している今日、一つの案件に様々な問題が絡み、様々な法律が関係していることが多く、特定の専門分野に限らず全体を見渡す広い視点が必要です。
弁護士はどのような問題が起きても応えられなければならないと思います。トラブルはいつどんなことで起きるか分かりません。緊急対応が必要なことも多いです。専門外だから分からないというのではなく、幅広くいつ何時でも対応できるように準備したいと思います。
何でもできるようになろうと思って常に新たな分野にチャレンジし、新しい問題に必死で取り組んできました。その結果、次々と新しい分野を専門分野にしてきました。

様々な人や企業と
出会って力になる喜び

真面目で一生懸命な様々な人や企業と出会って力になれるのが喜びです。分け隔てすることなく困った人や企業を助けます。実際、依頼者はあらゆる階層を含み多彩な人生・活動を支援することになります。そうすることによって、様々な人々や企業が生き活動する社会全体を見渡すことができ、相手の立場を理解することができ、よりよい解決をすることができると思います。

社会の駆け込み寺

世の中は、理不尽なこと、正義に反することが多いです。理不尽や不正義に耐えている人、企業が多数います。救済されるべき人や企業が声を上げることができず、解決されないまま放置され、弁護士も扱ってこなかった案件が多数あります。
見捨てられ救済されなかった案件を、常識や多数意見にとらわれることなく、安易に諦めることなく、新しい視点で、勉強しながら、解決に努力します。新しい課題であるからこそ逃げずに取り組み、窮地から、多くの人や企業を救い出したいと思います。
そのような案件が持ち込まれ、駆け込み寺として期待されることが少なくありません。

紛争にどのように取り組むか

徹底的に闘う

不正義な妥協(和解)をすべきではなく、徹底的に闘わなければならないことがあります。筋を通し、正義を貫くことは大切なことです。それだけでなく、今後同様の被害を受ける人がなくなるよう社会を良くするという意味もあります。筋を曲げた安易な和解をしたことにより、きちんと筋を通すべきだったと後で後悔するかもしれません。

相手の立場や考え方を理解する

とことん闘うというのは、一方的に相手を追い詰めればよいのではありません。相手の立場を理解することが必要です。
法律は、そして弁護士は、人々を不必要に争わせる存在であってはなりません。様々な利益が交錯する中で、自分の側に言い分があるだけでなく、相手にも言い分があります。自分の立場を守るために相手の立場を理解するという視点が大切です。依頼者の真の利益を守るためにこそ、相互の利益や立場をどのように調整していくのかは弁護士の大切な役割です。誤解に基づき、あるいは相互理解に必要なわずかの工夫や努力がないために、無用な紛争が多数起きているのを見てきました。最善の解決を模索したいと思います。

裁判に力を入れる

特に裁判に力を入れています。大きな裁判の件数が多く、証人尋問の回数が多いのが特徴です。裁判こそは、究極の強力な正義による紛争解決の方法であり、何が真実なのか、何が正しく何が間違っているのかをはっきりさせることができます。
昨今弁護士にとって裁判は時間と労力の負担が大きいため、回避する傾向が強くなっています。社会の法律やルールが守られず、嘘がまかり通り、紛争になっても曖昧な解決で終わっているだけでは、社会は良くなりません。曖昧で妥協的な解決は、何が正しかったのかを明らかにしないだけでなく、十分な被害回復ができません。裁判をすることによって、しっかりと社会の正義を明らかにしてくことが大切です。

和解をする

弁護士の役割は、相手と闘うことだけではありません。和解を仲介するのも大切な役割です。
紛争の多くは、弁護士が、両者の間に入って、誤解、思い込み、不安、恐怖を解消させることによって、紛争にならないようにすることができます。それがなされないで、無駄な不幸な紛争が起き、拡大しているのを多数見てきました。

自分の立場や考え方を固定しない

自分の考え方や立場を固定しない柔軟な思考が必要です。
例えば、労働事件の労働側と企業側の対立、医療事件の患者側と医療側の対立、行政事件で行政側と住民側の対立等の紛争は、しばしば社会の立場の違い(対立)の中で現れ、弁護士はどちらかの立場を選択して固定し、一方だけの代理人になるということが増えてきました。
しかし、立場や思考を固定せず、できるだけ偏見を持つことなく、社会の対立する立場や集団の一方だけを選択しないように努めてきました。一方の立場が常に正しいとは限らず、相手にも何らかの正義があるかもしれません。具体的な問題の中で、紛争ごとに何が正義であるかを考える必要があります。また、相手の立場を知ることにより、自分の考えを正す機会を得ることができ、より良い解決に導くことができることがあります。

相手を理解する

多くの紛争の原因が相手に対する無知や恐怖心や意地であることを多数見てきました。相手のことを知らず、恐怖を抱くことによって、ときには意地によって、紛争にならなくてもよいことが、大きな紛争になってしまうのです。大きな紛争になって、苦労して解決した後、それが無知や恐怖心や意地によって始まったことすら気づかないことがあります。世の中の紛争の多くは、避けることができた紛争なのです。
無知に対しては正しい情報を提供し、恐怖心に対しては恐怖の原因である誤解を解き勇気づけ、意地に対しては冷静になれるような視点を提供して支援します。無意味な紛争が起きないようにすることが大切です。

早い段階から適切な対応を

対応を間違えることによって 些細な過ちが紛争になってしまった、大きな紛争になってしまったというのを多数見てきました。
早い段階で適切な対応をすることによって多くの紛争は避けることができます。少なくとも大きくしないことができます。早い段階でご相談頂ければ、様々な角度から分析して、対応方法を考え、シミュレーションを行い、最善の対策を提案し、指導します。

現場主義、緊急対応

緊急対応/夜、休日も対応

あたかも、医師の救命救急医療のように、緊急に対応しなければならない場面があります。現場でもめているのを仲裁して救出したり、刑事事件が発生した現場から、連絡があって直ちに現場に駆けつけること、直ちに面談して方針を決めて各方面に指示を行わなければならないこと、実際に動き出さなければならないことがあります。早く動くことによって形勢を逆転できることがあります。早く解決することによって紛争の発生及び拡大を防止することができることがあります。初回面談またはテレビ電話会議をなるべく早く設定します。
災難は夜や休日にやってくるものです。案件に応じてご相談いただければ、夜、休日であっても対応できます。

現場へ行き、
自分の目で確かめる

現場に行くことが大切です。机上で考えても気がつかないことが、現場に立って周囲を見渡し、自分の目で見、耳で聞き、手で触れ、人に会い、生の事実を感じ取ることによって、新たな真実を発見することができます。証人尋問の重要なヒントに気づくこともあります。現場に駆けつけてその場で紛争を解決できることもあります。

全国対応

日本全国に出かけ、様々な人に出会い、これまで知らなかった新たな世界の仕事をしたいと思います。
日本全国の人々や企業を助けたいと思います。日本全国から見れば特殊な東京の案件だけを扱っていると、この国がどのような問題を抱えているのかを正しく理解できなくなります。
今日では、面と向かって話をしているのと同等な電子機器が現れ、日本全国の依頼者との間で打ち合わせをすることが容易になりました。遠方の方、忙しい方、体が悪い方は、直接の面談だけではなくテレビ電話による相談、打ち合わせが便利です。迅速に打ち合わせをすることができます。対面の方が信頼関係を築きやすいと思いますが、Teams、FaceTime、Skype、Zoom その他適宜の方法により、対面しているかのような感覚で、迅速に打ち合わせを行うことができます。
緊急の場合、打ち合わせの時間がないときは、これらのテレビ電話会議で迅速に打ち合わせをすることができ、強力なツールになります。